通信制大学院を知り、自分に合わせた選択をしよう

通信制大学院はどのような仕組みか

大学院を修了するためには規定の年数大学院に通い、授業を受けて最終的には論文を提出して合格しなくてはいけません。しかし通信制大学院であればほとんど大学院に通うことなく論文を書くことで学位を取得できます。授業は課題を提出することで履修したとみなされるのです。演習系の授業などは学校に出向く必要がありますが、出来る限り詰めて時間割が作成されているため社会人には負担が少ないです。また、講義によってはインターネットを使って受講できるものがあります。

通信制大学院が人気の理由

通信制大学院は働きながらでも通うことができるため人気があります。社会人でも自らのスキルアップのため大学院を考える人が多いです。しかし一般の大学院に通うためには一旦会社を辞めなければならないことがあります。一旦会社を辞めてしまうとブランクができてしまい復職しにくくなるリスクを通信制大学院に通うことで軽減できるのです。学びたい学問分野が特殊な場合、その科目を開講している学校はとても少ないため通学が困難になりがちです。このような場合にも通信制大学院が選ばれます。

どんな通信制大学院を選べばよいのか

通信制大学院を選ぶにあたっていくつかポイントがあります。どこを選べばよいかは自分の将来設計と大きく関わっています。学位だけが欲しい場合はどこの大学院を選んでも大差ありませんが、自分のステータスにしたいと考える場合には全国的、もしくは世界的に知られている所が良いです。将来は研究者になりたいならば、その分野で最先端の学校を選ぶべきです。世間での知名度と学術的に有名かは一致しないこともあるので注意が必要です。

通信制大学院とは、印刷教材、放送、スクーリング、メディアの4つの形式の授業を通して学ぶことのできる、正規の大学院の課程です。