就業規則なら社会保険労務士に任せるのが最適

訴訟問題やトラブルを避けるための就業規則

就業規則を作る際には、労働基準法などの各種法令に則ったものでなければ、その規則自体が違反となるケースもあります。このため素人が就業規則をつくろうとしても、高度な法律の知識などが無いために、後々トラブルを抱えてしまうことになります。労働に関するトラブルは労基署からの是正勧告や最悪の場合には訴訟問題に発展するケースも珍しくありません。就業規則を作る際には社会保険労務士に依頼するのがベストな選択肢です。

ヒアリングをしながら作ってくれる

社会保険労務士に就業規則の作成を依頼すると、ヒアリングをしながらその規則を作成してくれます。社内の勤務形態や労働実態はどのようなものになっているのか、わかりやすい質問で聞き取りをしてくれるので、法律に知識がなくても問題はありません。もちろん依頼者側の要望をきちんと聞いてその会社にふさわしい規則を考えてくれますから、就業規則を改定する場合や、新しい規則を追加する場合には、社会保険労務士に相談しながら行いましょう。

労働基準監督署への届け出もしてくれる

就業規則の作成を終了した後労働基準監督署への届け出を出してくれるので、面倒な手続きはすべて社労士がすべて行ってくれます。届け出を出して認可されたあとには、正式にその就業規則を使いはじめることができますから、社員にも新たな規則として通知することが可能です。社員が適切な労働環境で働けるための就業規則を作成するなら、社内の人材で作成するのではなく、社会保険労務士事務所などにいって社労士と相談しながら作りましょう。

社会保険労務士の就業規則は労務士に相談して診断や変更をしてもらうことができます。安心してプロに任せましょう。