相続税の軽減は出来る!申告は税理士にお願いしよう

相続税ってそもそもなに?

相続税とは、親族が亡くなった時に財産を受け継いだ場合に、働いていないのに財産を貰った、特定の人だけに財産が集中しないように税金を払う義務があるのです。ただ、税金とかお金が絡むことになると、素人の私たちにとっては面倒だったり、難しいものですよね。書類1つ書くにも、言葉が難しかったり、どこに何を書いていいのか分からない。手続きが多くて色んな役所に行かなくてはいけない。ついつい後回しにしがちですよね。そんな時は、1人で悩んでも進みません。専門である、税理士にお願いしましょう。

相続税の軽減は出来る

ケースによっては、相続税が軽減されることがあります。自分でやろうと思うと、ややこしく時間もかかってしまうのでプロの税理士であれば自分がどのケースに当てはまるのかすぐに判断してくれるので間違いがありませんね。配偶者の場合は、法廷相続分1億6000万まで相続しても税金は課金されません。相続する人が、未成年である場合も未成年者控除が適用され一定の金額を差し引くことが出来ます。10年以内に2回以上相続税を貰うことがあった場合は、2回目の相続税から1回目の一部を控除することがあるんですよ。

土地代も軽減対象になる

亡くなった人が住んでいたり、所有していた土地や建物を相続する場合にも対象になります。相続する配偶者や同居していた親族がそこに住み続けたり、事業を続けた場合には相続税の課税から土地の評価額が5割から8割減額されることがあります。相続税の申告は、10カ月以内に全て手続きを行わないと適用出来なくなります。財産の分与は、それまでに親族みんなが納得する形で分けるようにしないと間に合わないので気を付けないといけないですね。お金が絡むともめ事にもなるので、そういう時こそプロにお任せすればトラブルも防げるかもしれませんね。

相続に関して悩んでいる場合は、相続の申告を税理士に依頼することをおすすめします。自分で行うよりも専門家に依頼する方が安心です。