初心者必見!?まずは知っておきたい信用取引の3種類

まずは知っておきたい株の信用取引

株式の売買においては、基本的には現物取引が主流となっています。しかし、株式の売買においても信用取引は存在します。レバレッジこそ3倍程度が上限となっていますが、その歴史は古いと言えます。レバレッジは低いのですが、他の信用取引とは違い投資対象が無価値になる可能性がありますので、その分かなりハイリスクであると言えます。もし初心者の方が株式の取引をするのであれば、まずは現物取引で慣らしてから信用取引を始めたほうが良いでしょう。

投資参加者が最も多い外国為替証拠金取引

外国為替証拠金取引と言うと、非常にとっつきにくいイメージがありますが、FXと言えば理解される方も多いかもしれません。これは外国の通貨を売買の対象とした取引です。外国の通貨は為替相場として24時間取引可能ですので、インターネット取引の普及に伴って、24時間簡単にネットで取引が出来るようになりました。この結果、日中は仕事をしていて取引に参加できない社会人に人気の取引になりました。レバレッジも自分で選択出来る点も人気の秘密だと言えます。

歴史は江戸時代!商品先物取引

商品先物取引は、世界の信用取引の中で最も歴史が古い取引だと言えます。この取引のルーツは江戸時代の日本の大阪の堂島で行われていた米先物取引だと考えられています。日本では世界に先駆けて先物取引が行われていた訳です。現在でもよく使われているローソクチャートも、実はこの時に日本人が発明したものです。商品先物取引の投資対象は、穀物から鉱物まで様々あり、非常に値動きの激しい投資の為、より慎重な取引が求められています。

信用取引を利用することで、トレーダーは手持ち資金の約3倍のトレードが可能になります。追い証リスクはありますが、上手に活用することで効率の良い資産運用が実現可能です。