高齢社会が進行している今相続税の知識は必要です

トラブルは事前に防ぐことです

相続開始後のトラブルは、起きてしまえば手の打ちようがありません。死んでしまえば遺言状は書けないので、相続開始前に打つべき手を打っておくことです。相続問題でトラブルが起きるのは大まかに3つの理由があります。一つは、相続人の間で分配の紛争が起きることです。二つ目に、無駄な相続税を払わなければならなくなることです。そのために合法的な節税対策が必要なのです。三つ目は、相続税の支払いが無事できるかどうかでトラブルになるのです。

節税対策の一つに生前贈与があります

合法的な節税対策の第一歩は「生前贈与」です。あらかじめ、対象者に贈与をしておくことです。例えば、2憶の遺産の相続税と、現金2億円の贈与では、贈与税の税のほうが高いのですが、相続税は、その被相続人の死亡の時点でいっぺんに計算することになります。ところが、贈与は長い年月をかけて、少しずつ贈与することができます。そうして額が低ければ、税率も低いのです。合法的な節税を考えるなら時間をかけて、じっくり支払えばよいのです。また、贈与税は年間60万円まで無税です。

相続税総額の計算方法

夫が死亡し、相続人が妻、長男、次男、長女という場合です。夫の遺産土地・建物・株・預貯金などの総額が2憶4000万円と税務署に評価されたとします。妻と子ども達が協議した結果、妻が1憶3000万円、長男が4500万円、次男が3500万円、長女が3000万円を分割した場合です。この場合の相続税の総額は2870万円となりますが、この内訳は妻が1549万8000円、長男545万3000円、次男430万5000円、長女344万4000円となり、この後に税額控除の計算をします。

相続税相談の場合、専門的な知識を豊富に持っている税理士が対応しており、様々な疑問点に対して的確な回答を得られます。